レッスンイメージ レッスンイメージ

講座カリキュラム

RYT200ロゴマーク
アミーダティーチャートレーニング200

アミーダヨガアカデミーはRYT200を1ヶ月で取得できるよう、独自カリキュラム「アミーダティーチャートレーニング200」を組んでいます。
心と身体を健康に保つために必要な「ヨガの智恵」を学ぶことを重視したカリキュラムとなっています。

アイコン

受講期間

約1ヶ月間
(200時間)

アイコン

指導可能な
アーサナ数

約70種類

重点履修科目

ヨガアーサナ

トレーニングで学べるアーサナの数は約70種類。アーサナのアプローチには最新の機能解剖学の知識を取り入れ、正確なアラインメントを重視しています。基本のアーサナからじっくり時間をかけて修得していくため、初心者でも無理なく段階的に上級者向けのアーサナをマスターすることが可能です。

解剖生理学

コースでは安全かつ効果的にアーサナを深めていくために必要な解剖生理学の知識を実践形式で徹底的に学んでいきます。カリキュラムは理学療法士の監修の下、綿密に組まれており、臨床現場で使われている最新の知識を学ぶことが出来ます。
実物大のスケルトン(骸骨模型)を使い、ペアワークを多用することで、身体に落とし込むことのできるわかりやすい授業を心掛けています。正しく解剖生理学を理解すれば、自分自身の身体の柔軟性と筋力を短期間で大きく向上させることができるだけでなく、生徒にアーサナを指導する上での大きな自信と安心感を手に入れることができます。

食事法

「食は人なり」、その人が摂った食事がその人を作るという考え方がヨガにはあります。食事は身体に影響を与えるばかりでなく、心の状態にも深く影響を与えています。ヨガ的にどのような食事を中心に摂っていけばよいのか?そして、どのような食事が好ましくないのか?正しい食事に対する知識は、身体をエネルギッシュな状態に保ち、精神を安定させるのに役立ちます。

指導理論

指導者哲学、アーサナ指導のための10のステップ、精神性の取り入れ方、シークエンスの組み方、生徒との関係の築き方、指導場所の広げ方など、ヨガ指導に必要な理論をしっかりと身につけます。

ヨガ哲学

コースではヨガの二大経典である『ヨガ・スートラ』と『バガバッド・ギーター』に記述されているヨガの哲学体系について、約30時間にわたり詳細に学んでいきます。ヨガの経典には「人はなぜ生きるのか?」という人類普遍の問いに対する古代インドの賢者たちの答えが記されています。
ヨガ哲学を通して人生の法則を知ることで、困難な事態が起きてもしっかりと乗り越えていく力を手に入れることができることでしょう。専門講師による指導の下、実生活にそのまま使える生きたヨガの智恵を身につけてください。

呼吸法・瞑想法

一般クラスであまり触れられることの少ない呼吸法や瞑想法は、日本ではまだまだ的確に指導ができる講師も少ないのが現状です。呼吸法や瞑想法はアーサナよりも深い段階のプラクティスであるため、誤った方法で行うと命の危険にさらされる可能性もあります。
コースでは呼吸法や瞑想法の原理を解剖学や生理学の観点を交えながらわかりやすく解説していきます。呼吸法や瞑想法は正しく行えば深い精神の安定をもたらし、QOL(クオリティオブライフ)の大幅な向上に役立つことでしょう。

指導技術

ペアワークを豊富に取り入れ、アーサナの指導方法、身体に触れるアジャストメントの行い方、プロップス(壁や道具)を利用した指導方法、呼吸法や瞑想法の指導方法、生徒を惹きつける小話の話し方などを学びます。
生徒のコンディションに合わせて自分が組んだ90分のシークエンスを一人でリードできるようになることを目指します。